娘と私のドタバタ1型糖尿病ライフ 第2話

LINEで送る
Pocket

こんにちは!

「娘と私のドタバタ1型糖尿病ライフ」をご覧いただき誠にありがとうございます!
あっという間に9月…最近は秋の訪れを感じます。

運動会の練習が立て続けにあることで…毎日のように体操服を洗ったり、時には汗だくの体操服を学校に忘れやがった娘と言い合いをしたり笑

そんな日常に秋を感じます笑
もっと風情感じたい←

今回は、そんな運動会の血糖値コントロールについてお届けします!

心配すぎる運動会

運動会…と言えば我が子の活躍を見れるとっても楽しみなイベントのひとつ。
ですが…1型糖尿病の子を持つ親からすると…

熱中症も心配だし
低血糖も心配…

となるわけです。

まぁ、運動会だけではなくて普段の体育や水泳なども心配なんですけど…
運動会って1日ずーーーっと動くわけなので、高血糖くらいの方が安心…

実際、先日行われた運動会の予行練習ではなんと43mg/dLにまで下がっていたようで…
保健室に保管しているカルピスウォーターを飲んですぐに回復したようですが、とにかく低血糖だけは避けたいもの…。

 

血糖値のルール

保健の先生とは一度みっちり打ち合わせをしており、体育前には必ず実測*1をして血糖値を測定します。

*1)実際に血液を出して簡易血糖自己測定器などで血糖値を測定すること

そして
・血糖値150mg/dL以下であればブドウ糖を1つ食べる
・血糖値100mg/dL以下であればブドウ糖を2つ食べる

というルールを決めています。

これは担当医の方と決めたものですが、あくまでもベースです。

ブドウ糖だけではなくて、ビスコやジュース(ブドウ糖の多いもの) をプラスして与えることもあります。

 

ここでちょっとインスリンポンプの血糖変動の表示機能*2の話を…

* 2)インスリンポンプ上に血糖変動を表示できるのは、SAP (Sensor Augmented Pump)療法*3に対応したインスリンポンプのみになります。
*3)パーソナルCGM機能を搭載したインスリンポンプ療法

【インスリンポンプの血糖変動の表示機能】

インスリンポンプには、これからもっと血糖値下がりまっせ!!みたいな時、
下矢印が表示されます。(上がる時には上矢印になります。)

100↓↓↓
のように、3つの矢印が表示されている時は
「マジでヤバイ。本気で下がる。」ってことです。
低血糖ほぼ確定モードです。

100↓↓
と、矢印が2つの時は
「結構下がるで!油断するなよ!」です。

100↓だと、
「ぼちぼち下がりまっせ」です。このくらいであれば我が子の場合80mg/dLくらいで止まります。

ですが、その時によってポンプに表示されている値(間質グルコース値)と、実測の値(血糖値)に誤差があることも多いので、なるべくきちんと実測をするようにしています。

矢印に惑わされて慌ててブドウ糖を食べさせて…でも思っていたより下がらなくて
逆に高血糖パターン…などもよくあります。そしてそのたびに反省…娘よ、すまない。

なんでしょうね…
ちゃんと計算とかしてブドウ糖を食べさせたり、インスリンを入れても
思っていたより上がった。とか
思っていたより下がった。とか

惑わされてます。ちくしょう。これだけは日々勉強です…

 

1時間ごとに実測

運動会の練習の時は、保健の先生が娘のことをこまめに気にしてくれており、何時間か連続で体育がある時は、自分の腕時計にアラームを設定していて、1時間ごとに必ず実測をしてくれています。

娘に、「運動会の練習は血糖値に気をつけてね!」というと
「大丈夫大丈夫!保健室の先生、私にくっついてるから!」って… (くっついてるって笑)

もう、感謝しかありません。

毎年、担任の先生や保健の先生、保育園の頃の保育士さんもそうでしたが、皆さん「勉強になるので、とっても有難いです。いい経験をさせてもらってます。」と仰ってくれるんです。

本当に私も娘もいろんな人に支えられているなぁ…としみじみ…。このご恩は、一生忘れてはいけないなぁと思います。

 

運動会当日

いよいよ運動会当日!!
前日は大雨でハラハラしましたが、当日はカンカン照り。いやむしろもうちょっと曇れよ…と思うほど。校長先生も「もうちょい曇っていいですよね…」とボソッと言うほどでした笑

当日は、保健室の先生も大忙しなので私が小一時間ごとに血糖値を測定。リレーや団技など、出番の前には必ず血糖値をチェック。ちょっと高めの200mg/dLくらいをキープさせておきました。

自分の出番の時だけ、ポンプを外して出る。という流れ。*4

午前中は運動している割にぐぐっと高くなって、300mg/dL台になったのでその時だけちょっとインスリンを足しました。(ポンプを外している時間があったので、基礎が入っていなかったのかな…)

その後は徐々に下がって、ずっと200mg/dL台。

ですが、リレーで見事に走り終えたあと、血糖値を見ようと思いテントへ行くと…娘がいない…他の子供達が「保健室に行ったよ」と教えてくれたので保健室へ行くと

「リレー後に顔が真っ赤になっていたので、一旦保健室へ連れて行き、経口補水液を飲ませたところなのですが、どうやらリレーで負けたことが悔しくて泣くのをこらえていたので顔が赤くなっていたようです笑」とのこと笑

負けず嫌いな娘は、涙は極力見せません。人目のつかないところで泣くのが娘。
保健室で泣いてすっきりしたのかすぐに復活してテントへ戻りました。切り替えの早さにはいつも驚かされます笑

その後お昼ご飯には、山下清を彷彿とさせるようなおにぎりを4つも頬張っていました。
4.5単位インスリンを入れたので、昼食後の低血糖も気になりましたが200mg/dLを行ったり来たりで特に捕食をすることもなく無事やり過ごせました!*4

イケメン要注意

普段であれば、200mg/dL以上になると高血糖なので慌ててインスリンを追加しますが、我が子の場合、運動会当日は200mg/dLくらいが安心できることがわかりました。*4

でも学年が上がるごとに運動量も増えるので、来年も200mg/dLくらいがちょうど良いのかは謎…また来年は来年で、運動会練習から調整していく必要がありそうです。

もう少し大きくなれば、自分で管理できるようになるとは思いますが…
運動会って高学年になればなるほど忙しいもの。

イケメンが走るとなると、見たくなるものだし…中学くらいになると、先輩とかめっちゃかっこよく見えますよねぇ…笑

なんなんでしょう。あの運動会マジック。ちょっとリレーとかで活躍したメンズが急にかっこよく見えちゃう現象とか。汗かいて頑張ってる姿がイケメンに見えちゃったりとか…あぁ…

うちの娘、イケメンにはまじで弱いので、気をつけようと思います!!

*4)ポンプを外すタイミングや時間、追加インスリンの注入量や目標血糖値などの治療は個人差があります。必ず主治医と相談の上、対応してください。

<関連記事>
▶ 娘と私のドタバタ1型糖尿病ライフ 第1話
▶ 娘と私のドタバタ1型糖尿病ライフ 第2話

プロフィール

 

名前:セツコ(31)
8歳の娘(2019年8月現在)が1型糖尿病
シングルマザー
宮崎県在住
Instagramアカウント@hagemaruchan_setsuko

 

Related posts:

LINEで送る
Pocket