【The story of a mother】 vol.11 夏場のインスリン持参時の保管方法について

LINEで送る
Pocket

「真夏にインスリンを持ち歩くときは、どうしていますか?」
「何も持っていない(保冷剤等)のに、急に長時間持ち歩くことになった場合どうすれば良い?」
と質問を受けることが多いため、笹原の体験談と参考になるページをご紹介します。

もちろんネットショップでインスリン保管クーラーやポーチも売っているのですが、急な時でも対応出来る方法をお伝えいたします!
 

夏のインスリン保管

インスリン製剤やGLP-1受容体作動薬は、タンパク質由来の医薬品なので、気温による影響を受けやすく、変性が起こりやすいです。
真夏や真冬の持ち出しや保管には、十分に注意する必要があります。

使用開始したインスリンやGLP-1受容体作動薬は、通常は常温保存できますが、直射日光の当たらない場所且つ30℃以下で保管することが基本です。
私も上記条件を保てない場合に(例えば、外へのインスリン持ち出し時)、とくに気を付けています。自動車内や海水浴場、プール、キャンプ場なども高温になりやすいので、注意してください。

いつも海水浴場やプールへ行くときには、必ず保冷剤を入れたクーラーBOXを車に積んで、帰宅時までは冷たい状態が保てるようにしています。
ただ高温だけでなく、低温にも影響を受けやすいインスリン!保冷剤が直接当たらないように、インスリンはタオルでくるむかインスリンポーチ等に入れてクーラーBOXへ入れています。
保冷剤の時間も限界があるので、もしもぬるいなと感じたら、コンビニやスーパーでロックアイスを追加投入します。
 

保冷アイテムあれこれ

大したお出かけでないつもりで家を出たものの、予想外に時間が長くなることもしばしば!わざわざ、後処理に困るロックアイスまで購入したくはないですよね。

そんな時には、冷たいペットボトルもしくは、コンビニオリジナルのアイスコーヒー用の氷を購入(丁度良いサイズ感!)してはいかがでしょうか。私はハンカチをインスリンに巻いて、ジップロックやエコバッグに購入したこれらを一緒に入れて持ち歩きます!

真夏は38℃以上にもなることがあるので、保冷剤や保冷バッグは、常に用意しておいた方が良いと思っています。
100円ショップでも売っていますし、今は、たくさんの企業が使いやすい様々な大きさの保冷バッグも出しているので、是非探してみて下さい!
 

子どものころの失敗談…

ちなみに私が今までの経験で大失敗したのは、中学生の夏、夕方近くに友達とそのお母さんと一緒に映画館に車で行ったときのことです。車から降りた時は影になっていたので大丈夫だとインスリングッズを車中に置きっぱなしにしていました。

すると…、映画から戻った私は車の温度と日差しにびっくり。夕方、西日が強くなり沢山の直射日光で私のインスリングッズを照らしてしまったようで、すごく熱くなっていました。その後使える状況ではなかったため、その日はすぐ自宅に送ってもらい、へこんだ記憶が鮮明に残っています!

でも、この経験があるからこそ、今はしっかり管理しています!
「失敗は成功の母」(エジソン)
みなさんも緊急時の保管方法があったら、教えて下さい!

各インスリンメーカーでも保管方法や製品のお問合せページのご紹介をしていますので、もしよろしければご覧頂き、ご活用ください。

▶製剤の保管・保存・廃棄に関する注意点|ノボ ノルディスク ファーマ株式会社

▶お問い合わせ | 日本イーライリリー株式会社

▶お問い合わせ – Sanofi in Japan
 

<関連記事>
▶ 【The story of a mother】vol.01 新シリーズスタート!
▶ 【The story of a mother】vol.02 いろいろあった!1型糖尿病の幼稚園説明!!
▶ 【The story of a mother】vol.03 親・本人・祖父母1型に向けた 「チーム笹原」 それぞれの気持ち
▶ 【The story of a mother】vol.04 幼稚園説明会その後。。。
▶ 【The story of a mother】vol.05 うちの息子はカッコイイーーーーーー!!!
▶ 【The story of a mother】 vol.06 小児慢性特定疾患治療研究事業・特別児童扶養手当の申請について知っておきたいこととは?
▶ 【The story of a mother】 vol.07 息子の小学校説明へ!
▶ 【The story of a mother】 vol.08 就学時健診と息子の成長
▶ 【The story of a mother】 vol.09 「子女名優を思い出す。。。」 自分の思春期を振り返り、親の対応力を学んでみる
▶ 【The story of a mother】 vol.10『就学前検診は?!』
▶ 【The story of a mother】 vol.11 夏場のインスリン持参時の保管方法について

プロフィール

名前:笹原加奈子
自身が1型糖尿病患者(1歳発症)。
また、1型糖尿病患者の10歳の息子さん(4歳発症)のお母さん。
日本IDDMネットワーク事務局員
千葉県在住

Related posts:

LINEで送る
Pocket